一般企業

税理士が一般企業に転職するメリットはあるのでしょうか?ここでは、一般企業での業務内容や、求められる能力、年収相場について解説しています。

税理士のキャリアを活かして、経営企画・財務部門で活躍

税理士の転職・就職先は、会計事務所ばかりではありません。

一般企業で働く税理士や、企業の財務・経理部門で経験を積みながら、税理士資格を取得される方も大勢います。

税務が中心となる会計事務所に比べて、企業では財務会計や経営企画など幅広い経験ができるのが特徴といえるでしょう。

一般的には、経理部門で月次決算、四半期決算、年次決算、有価証券報告書の作成、連結決算対応などの主計業務を行うケースが多いようです。

最近では財務・経営の範囲を超えて、広く管理会計による経営分析や予算実績差異分析、中期経営計画策定に代表される事業計画、戦略的アライアンス、グループ再編を含むM&A、国際戦略関連、新規事業立案など、広く経営的な面で活躍できるフィールドも広がっています。

ほかにも、IPO(新規株式公開、上場など)などの準備として、経営企画に携われるチャンスもあります。

一般企業における税理士のキャリアプランは、CFO(最高財務責任者)経営企画室長などへの道が開けています。

いずれにしても、課題解決能力、業務推進能力、交渉力・コミュニケーション能力など、事業のアイディア以上に高いヒューマンスキルが求められることは言うまでもありません。

一般企業の税理士の年収相場

  • 400万円~800万円

一般的には、企業それぞれの給与体系に準じた給与が支払われます。

税理士としての資格保有者は、資格手当などが支払われる場合も。また役職手当など、各種手当によって年収アップが期待できます。

一般企業への転職に向いている税理士とは

  • ゼネラリストとして活躍したい人
  • 税理士としての専門性を企業内部で活かしたい人

経理・財務一筋という方もいますが、会社の方針によってジョブローテーションをおこなっている企業もあります。

どちらかといえば、スペシャリストとしてよりも、ゼネラリストとして活躍したい人に向いているでしょう。また、安定的な企業基盤のもとで仕事をしたい人が向いています。

税理士のキャリアを活かして転職を成功させるには?
転職成功のコツは、会計・税務・経理専門の転職支援サービスに登録すること!
一般の転職サイトにはない、さまざまな非公開求人も紹介してくれます。
当サイトでは、厳選した転職エージェント5社を徹底比較しました。
転職支援サービス(転職エージェント)比較ページはこちら≫