コンサルティングファーム

コンサルティングファームに転職した税理士の就労環境や仕事内容、平均的な給与相場について調査しました。

2つのキャリアップが望めるコンサルティングファーム

税理士がコンサルティングファームに転職した場合、キャリアを積める分野は、2通りの道があります。

そのひとつが会計系のコンサルティングファームに転職した場合です。主に、株式公開支援、M&A支援、事業承継支援、企業再生支援、海外進出支援などの業務を行います。

会計系のコンサルティングファームは、一般的には準大手会計事務所や中堅の税理士法人から設立された会社が多く、税務会計業務とコンサルティング業務の両方の経験が積めることが最大の特徴でしょう。

一方、システム系のコンサルティングファームというのがあり、こちらは会計システム、連結納税システムなど、会計税務のシステムやソフトを主軸に据えた業務を行ないます。

戦略系とも呼ばれ、こちらは大手クライアントを持っている場合も少なくありません。特徴としては、税務会計の知識以外にも、システムや経営能力などのスキルが必要となってきます。

転職においては、経験者採用が大部分を占め、会計事務所などでの実務経験3年以上のスキルが求められることが多いようです。

コンサルティングファームへ転職した税理士の年収相場

  • 400万円~800万円前後

コンサルティングファームにおいても、それぞれの給与体系に準じた給与が支払われます。

コンサルティングファームに向いている税理士とは

  • 税務会計だけでなく、コンサルティング能力を身につけたい人
  • 税理士としての専門性を企業財務などで活かしたい人

一般的な税務会計にとどまらず、IPO支援・M&A・国際税務などの知識と経験が身につけられます。意欲次第で、様々なキャリアアップのチャンスがあります。

税理士のキャリアを活かして転職を成功させるには?
転職成功のコツは、会計・税務・経理専門の転職支援サービスに登録すること!
一般の転職サイトにはない、さまざまな非公開求人も紹介してくれます。
当サイトでは、厳選した転職エージェント5社を徹底比較しました。
転職支援サービス(転職エージェント)比較ページはこちら≫