特化型事務所

収益性の高い特定の分野に特化した会計事務所に転職するのも、税理士のキャリアを活かす道のひとつ。そこで、特化型事務所の待遇についてリサーチしました。

転職して専門性の高い税理士になれば、待遇がアップする?

特化型事務所と呼ばれる会計事務所は、おもに資産税(相続税や事業継承)、外資系企業専門、証券化税務を専門に、会計業務をしているところです。

その中でもさらに細分化していて、富裕層に対する資産税コンサルティング、外資系に対する英語での税務サービス、金融機関等に対する証券化税務サービスといった業務は、とりわけ専門性が高いものとなっています。

より専門的な税務・会計能力が求められるため、通常の税務顧問と比べても高い報酬が得られるのが特徴で、事務所で働く税理士も、それに応じて高年収が期待できるというわけです。

専門特化型の事務所は、ほかにもREIT(不動産投資信託)、SPC(特定目的会社)、IPO(新規公開株式)などを扱っているところがあります。

しかし、これらは公認会計士しか認められていないため、「将来的に専門特化型の事務所を立ち上げて独立したい」と考えているなら、業務内容に注意して転職するようにしましょう。

特化型事務所へ転職した税理士の年収相場

  • 700万円~800万円前後(各分野で経験5年程度)

一般的な税務会計をしている税理士に比べても、高収入となる傾向にあります。

少数精鋭で超富裕層や上場企業オーナー向けの資産税コンサルティングを行なっているところの資産税特化事務所では、年収1,000万円以上を得ている税理士もいます。

特化型事務所に向いている税理士とは

  • 専門分野に特化した仕事がしたい人
  • 特殊分野の経験を積みたい人
  • 高収入を得たい人

多くの特化型事務所が転職者に求めるのは、実務経験と税理士試験3科目以上。

それだけ専門性が高く、仕事も忙しくて試験勉強をする暇がないのが実情とのこと。離職率が高いのも、このタイプの事務所ですが、そのぶん高収入が期待できます。

税理士のキャリアを活かして転職を成功させるには?
転職成功のコツは、会計・税務・経理専門の転職支援サービスに登録すること!
一般の転職サイトにはない、さまざまな非公開求人も紹介してくれます。
当サイトでは、厳選した転職エージェント5社を徹底比較しました。
転職支援サービス(転職エージェント)比較ページはこちら≫